fc2ブログ
 
■プロフィール

Author:kusumoridou
●日本古来の希少茶『実生 在来茶』

福岡県うきは市浮羽町で、茶4ha、米80a、柿30aを生産しています。
楠森堂のお茶づくりは、今から約200年前の江戸時代末期から始まりました。現存する茶園の多くは、国内から消えつつある日本古来の希少な在来種の茶園です。実生で育った素朴で力強いお茶本来の味わいを伝えたいと、日々奮闘中です。


●『楠森堂』
   国登録 有形文化財
   「楠森 河北家住宅」

のどかな田園風景や果樹園が広がる福岡県うきは市浮羽町山北。
日本名水百選の「清水湧水」があるなど、清らかな水に恵まれた自然豊かな地域です。
楠森 河北家は、この地で八百年の歴史を刻んできました。
江戸時代から大正時代にかけて建てられた屋敷は、国の有形文化財に登録されています。
竹垣と楠の森に囲まれ、敷地内に張りめぐらされた水路には毎年初夏になるとたくさんの蛍が飛び交い、幻想的な光景が見られます。
また、近代日本美術史研究の先駆者、美術評論家 河北倫明の生家としても知られています。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

〝ホオジロ〟のヒナ
ここ一年、不思議と〝鳥〟と縁があるんです…

ちょうど1年程前の6月、お茶畑で卵から孵って間もないスズメのヒナを見つけ、今年の2月に逃げてしまいましたが、8ヶ月間ほど我が家で育てました。
P1010804[1]
(1~2月のブログにその様子を書いています!


その後も、怪我をしたスズメを2回保護しました(残念ながら死んでしまいましたが)。

この1年間でなぜか3回もスズメと遭遇…



そして昨日、お茶畑で剪定作業をしていると、お茶の木のどこかに巣があったんでしょうね、機械の音に驚いた1羽の何かのヒナが突然株の中から飛び出して来ました!

通りかかった近所の農家のおじさんが、「それは〝ホオジロ〟の雛バイ!」と教えてくれました。

すでに、数メートルほどは飛べるようでしたが、必死に逃げる様子も無く手ですくい上げると、指の上に「ちょこん」ととまって「ピー!ピー!」と鳴きだしました。
P1020273[1]



ちょうどお昼になったので、とりあえず子供に見せてあげようと思い、家に持ち帰りました。

持って帰ると、家に居た子供たちはもちろん大喜び!

まったく人間を怖がる様子も無く、撮影しようとしたカメラに「ピョン!」と飛び乗り、わたしの顔を見つめながら「ピー!ピー!」と鳴くんです…
可愛いすぎる…
P1020268[1]

お昼休みが終わり、子供たちは凄く残念がりましたが、また畑に連れて帰りました。
巣は見つけきれませんでしたが、飛び出してきた木のあたりに放してあげました。(なかなか、手から降りようとしませんでしたが…可愛い) しっかり生き延びろよ~


わずかな時間でしたが、何か「ホッ」とさせられる幸せな時間(出会い)でした





『楠森堂』の希少茶〝実生 在来種のお茶〟のご注文は…
  TEL・FAX  0943(77)4019
  ホームページ   『楠森堂』 
  
   までどうぞ

※ うきは市の『道の駅 うきは』、『JAにじ 耳納の里』でも販売しております!





スポンサーサイト





その他 | 00:39:01 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する