fc2ブログ
 
■プロフィール

Author:kusumoridou
●日本古来の希少茶『実生 在来茶』

福岡県うきは市浮羽町で、茶4ha、米80a、柿30aを生産しています。
楠森堂のお茶づくりは、今から約200年前の江戸時代末期から始まりました。現存する茶園の多くは、国内から消えつつある日本古来の希少な在来種の茶園です。実生で育った素朴で力強いお茶本来の味わいを伝えたいと、日々奮闘中です。


●『楠森堂』
   国登録 有形文化財
   「楠森 河北家住宅」

のどかな田園風景や果樹園が広がる福岡県うきは市浮羽町山北。
日本名水百選の「清水湧水」があるなど、清らかな水に恵まれた自然豊かな地域です。
楠森 河北家は、この地で八百年の歴史を刻んできました。
江戸時代から大正時代にかけて建てられた屋敷は、国の有形文化財に登録されています。
竹垣と楠の森に囲まれ、敷地内に張りめぐらされた水路には毎年初夏になるとたくさんの蛍が飛び交い、幻想的な光景が見られます。
また、近代日本美術史研究の先駆者、美術評論家 河北倫明の生家としても知られています。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

三百年の伝統行事「壁結い」今年も無事終了!
河北家で三百年以上続けられてきた、屋敷を取り囲む竹垣を修復する伝統行事「壁結い」。

昨年は冷たい雨の中での作業…
そして、以前から来ていただいていたベテランの年配の方達が一気に来られなくなった為に、急遽参加していただいた初めて参加する若い方たちが中心になっての作業…

時間もかかり竹塀の荒縄での締め具合が緩いなどで、後から型崩れする箇所があるなどしましたが、今年は違いました!!

今年は快晴!での作業。

昨年に引き続き二度目の参加していただいた若手の方たちが中心になっての作業でしたが、2年目という事もあって要領もかなりよくなり、今まで15時前に作業が終了することはありませんでしたが、今年はなんと14時に終了

新記録…
参加するのが2年目の方が多い中でのこの早さ
竹塀の出来映えも昨年よりかなり良くなり、若い方たちの作業手順の飲み込みの早さにはビックリしました!

P1030313[1]

P1030310[1]

明日からまた天候は下り坂…
みなさん農作業が大変忙しい時期、また、この貴重な晴れ間での今日の作業…

本当にありがとうございました!そして、お疲れさまでしたm(__)m

裏方で支えていただいた皆さん!いつも本当に助かっています!ありがとうございましたm(__)m!



完成
P1030316[1]

P1030314[1]




『楠森堂』の希少茶「実生 在来種のお茶」好評発売中です


数え切れない沢山の種類のお茶が畑の中で自然に混ざり合う事で生み出される奥深い味わい…
昔ながらの味を今に伝える「楠森堂」の 実生 在来種のお茶 是非ご賞味下さい!!


「在来種のお茶」のお求めは…
  
TEL・FAX  0943(77)4019
  ホームページ   『楠森堂』   
 までお気軽にご連絡下さい


※ うきは市の『道の駅 うきは』、『JAにじ 耳納の里』、gallery & cafe『ぶどうのたね』さんでも販売しております!






スポンサーサイト



河北家 | 20:02:01 | トラックバック(0) | コメント(0)